雪の日記2

高知の田舎で生姜のお仕事をしながら子育てに奔走中!

愚痴

昨日は久々に効いた。

ショックがでかくて無気力になっとった。

あー…そーなんだねー…って脱力して、それでも歯は食いしばっていたみたいで夜には鈍い頭痛が来た。

ちゃんと覚えておこうと思って書きます。

 

事業承継、代表交代。

一番大事なことはなんでしょう。

間に合わせること?

引き継ぎを抜かりなくやっておくこと?

早目に始めておくこと?

 

違います。

 

先代がスパンと身を引くことです。

 

いつまでたっても先代が口を出してきたり、前と変わらず仕事をしていては承継にならないし交代になっていない。

これが交代する側もされる側も難しいのです。

成長したい側と、心配する側。

承継が上手くいく要はここだと思っています。

 

うちの場合は少し事情があるので、スパンと身を引かれては心配な部分が大きいので、ガッチリとは当てはまらない。

お義父さんからの事業を引き継いだわけですが、お義父さんは御年87。

身を引かれて仕事場に顔を見せなくなって家で1人でポックリ、なんてことは嫌すぎるので、毎朝コーヒーを飲みに来いや、顔は出しに来てよ、と言ってあります。

ただ、実際の作業は少し前からほとんどやっていなかったので、作業に口を出すことはあまりないし、事務作業や取引先とのやり取りもやり方を私が変えたのであまり口を出さない。

 

そう、あまり、ね。

 

ちょいちょい口は出します(笑)。

でもそれもいいよね、って話。

そりゃ気になることもあるでしょうよ。

その場におる限りは気付いたことも言うでしょうよ。

 

私が言いたいのは、実際の行動というよりも、精神的なこと。

 

譲る気がない。

 

いや、譲る気があって譲ったし、本人も限界に近いものを感じていたから交代したわけなんやけど、心の奥底というか、本音というか、深層心理と言うか。

無意識な認識していないところで譲る気がないのです。

それは感情とか心の動きとかいったセンチメンタルなものじゃなくて、体に染み込んだ習性といったほうがしっくりくる。

 

思ったことは言わないと気が済まない、という感情的なものじゃなくて、思ったことを言ってしまう、という本能的なもの。

 

ちょこちょこ口を出されることに関しては、聞くこともあれば聞いて流すこともある。

だけど、昨日のはズシンと効いたの。

自分の中ではとても嬉しいことがあって、それを台無しにされた気分でした。

 

配送屋さんの送状伝票が届いたんやけど、私が使う用の印字がされていました。

お義父さんの代からは住所も電話番号も変わったので、これまでは二重線を引いて訂正していたのが、印字されてきたので手間が省かれるし、なにより認められた感があって嬉しかった。

 

その伝票を、お義父さんが自分の棚に片付けた。

 

たったこれだけのことです。

これにダメージを受けたのです、私。

「ここに入れちょこうか?」という相談もなし、「ここに入れちょくよ」の報告もなし。

 

勝手に、開けて、自分の、棚に、片付けた。

 

別に私だって、引き継いだ事業は自分のもの!という気もなければ、お義父さんは引っ込んじょって!という気もない。

そうじゃない。

 

私は認められたい。

 

もうあとは任せれるね、安心やね、頼んだよ、と認められたい。

それがないのです。

口ではそう言ってくれるけれど、行動はそうは言わない。

深層心理では認めていないし、譲る気がないから、自分がやらんといかん!という気持ちが強いから、こういうことをするのです。

 

決して悪気がないことも、わざとじゃないこともわかっています。

たからこそ悲しい。

自然に出る行動だから本性ってこと。

 

お金の動きを見過ごさんように注意したり、給料日の心配をしたり、今まで自分がやってきたやり方と変えてしまってちゃんと通じているのか不安になったり、それはわかります。

まだ初めて1か月経ってないからね。

失敗してから言うより、手前で声かけたほうが安心やもんね。

それは私だってありがたいのです。

 

見守るって難しいよね。

ぐっと堪えるって、難しいよね。

 

でも私だって抜かりのないように、迷惑がかからないように、緊張して気を張って気を配ってやってます。

見てよ。

それを見てから言ってよ。

 

認められたい。

認められていない。

 

そんな1日の終りでした。

はぁ。 

今朝はちょっと回復してます。

今日も頑張ります。

【何回目】またダイエット宣言

もう誰も聞いてくれないし誰も信用してくれないはず。

これまで何度宣言してきたことが。

何度失敗してきたことが。

何度諦めてきたことが。

 

ダイエット!!!

 

毎度毎度何かがきっかけで宣言するんやけど、大体自分の写真見て嫌になることが多い。

今回もそう。

ひどい写真が出てきた。

 

去年秋にKちゃんと幼稚園の遠足に行った際の写真。

カメラマンさんが撮ってくれたお弁当の時間なんやけど、シートに座ってピースサインをするデブが1人。

下半身がやばい。

分厚い!!

念のため他のママさんたちも確認するが、みんな細い。

カメラが悪いわけじゃなさそうだ(笑)。

 

横向きでこちらを向いて笑顔の私は、まるで三角形です。

下腹から腰にかけてが厚みがあってどっしりとしている。

 

これはまずい。

 

ちょっと前にキャンプに行ったときの写真もやばかった。

そう、全く成長しておらず、むしろ悪化している。

体型の悪化!!!

 

愕然とした。

そしてまた宣言をした。

 

とりあえず、1週間3分だけの腹筋動画をやる。

そして主食はゲロ(オートミールのこと)。

ゲロ再開。

 

体重もそうやけど、とにかく下半身を薄くせんとマジでBBA体型がひどい。

人前に出ちゃいかん(笑)。


f:id:YukiNOTE:20230124061408j:image

こんなんとか。


f:id:YukiNOTE:20230124061419j:image

こんなんとはもうお別れです。

近頃調子に乗りすぎとった。

立て続けにケーキ食べとった。

そりゃ太るて。

 

つーか今年、同級生は四十路になるらしい。

四十路でデブはもう取り戻せんやん。

今回も頑張ります(いつまで続くやら)。

 

【長文】事務職について

思い起こせば、中学生のころ、勉強が嫌いではなかった私。

勉強が好きとか嫌いとかよりも、ノートを作るのが好きだった。

当時大流行りの無印良品の無地のノートの表紙に、これまた流行っていたワンピースの絵を描いて、そのノートを使い終わったころにはその表紙がほしいと言ってくれた友達にあげたりしていた。

 

高校時代は勉学には一切目を向けず(笑)覚えが全くないけど、留学中もノートを作っていた記憶がうっすら・・・。

そして学生期間が終わるころに、ビザを申請するための書類作りをした。

そりゃあまぁSDGsも腰を抜かすほどの書類を用意する。

偽物のポスターを作ったりCDのジャケットを作ったり(笑)。

「自分は音楽家ですよ!アーティストですよ!」と証明しなければならないので、質がない分量でこなす。

推薦状や自分のプロフィールなど(もちろん全部英語)も作った。

 

そして帰国してから事務職に就いて書類を作る機会が増えた。

留学中は小論文みたいなものをよく書かされていたので、マイクロソフトWordばかり使用していたが、事務職はエクセルを使う機会も増えた。

初めての派遣で初めての事務職に就いたときは、専門ソフトを使うことが多かったけど、Wordで文書を作ったりすることもあって、すごく勉強になった。

商工会に1年だけいた間も、文書をWordで作って、エクセルでデータを入力していたような・・・(うろ覚え)。

自分で仕事をするってなったら、管理は全てエクセルだった。

 

そして一番の影響と衝撃を受けたのが、建設会社の事務員になったとき。

これまで使ったことのない式を組まれたエクセルに触れて、めちゃくちゃ勉強した。

前任の事務の方がファイルを作っていたそうなんやけど、感動の嵐だった。

これまで、同じページにあるものを引っ張ってきてデータとして入力していただけのひよっこが、全然違うファイルからデータを引っ張ってこれる仕組みに出会って衝撃を受けた。

それからはエクセルのとりこ。

どれだけ最初に苦労して式を組んでも、あとから作業するときに1つ入力するだけで全データが反映されるような、そんなファイルを作れるように独学で勉強した。

 

私は天性の事務員だと思う。

事務職が好きだ。

 

地味~にパソコンに向かって書類を作ったり計算をしたり、人がめんどくさいと言うようなことをするのが好きだ。

 

現在、代表交代して私が事務作業をしているけれど、これまたたまらん。

これまで、お義父さんは白色申告といって、ざっくり・どんぶり勘定な会計をしていた。

長年やってきた仕事で困ったこともなかっただろうし悪いことでもなければ人に迷惑もかけず一人でやられていたのだから大したもんです。

でも、今回私は「青色申告」をすることに決めた。

なぜか。

 

ざっくりしたことができないから。

 

まーこれでえーやん、みたいなのが苦手なのだ。

ピタッと合っていないと気が済まないし、ふわっとさせると気持ち悪い。

最終的に数字がピッタリあわないとダメなんですよ、という青色申告は私の性分に合っていると思う。

 

商工会時代に再会してお世話になった先輩に今でもお世話になっていて、アドバイスをいただいたこともあって、毎日事務作業は進めている。

どんな小さな会社でも仕事をしている限り毎日書類は必要になる。

それを少しずつ帳簿にしていく。

 

この作業がたまらん!!!

 

あれとこれの数字が合う、たまにゼロに戻る、この感覚が最高(笑)。

自分のやっていることを認められているような気分になる。

お義父さんはしきりに「細々したことを見逃したらいかん」と言ってくるが、見逃す余地がないのだ。

毎日起こったことを記録していって追っているのだから、その作業を止めない限り見逃さない。

これまでざっくりとした作業をしてきたお義父さんには、キチキチした作業の仕組みがわからないのだろう。

自分の経験で注意してくれているけど、ご心配なく!

初年度くらい緊張してガチガチにやりますよ。

 

さあ今週も頑張ります。