雪の日記2

高知の田舎で生姜のお仕事をしながら子育てに奔走中!

コメダでまったり

私は税務署に呼ばれていた。

 

その日、仕事を昼で終わらせられるように同僚の皆様にお願いしておいて、午後からの用事に備えた。

しっかりと正午に仕事を終え、かきこむように昼食を取り、早々に家を出る。

スムーズに到着した税務署。

初めて訪れるので若干緊張する。

大丈夫、仕事着は着替えてきた。

 

建物入り口には、すでに到着している義父が。

私の到着を心配してか、電話をかけようとしている。

到着をアピールするため手を上げ会釈した後、車を義父の車の隣に停める。

さあドアを開けようとしたとき、義父が車の外から話しかけてきた。

ずいぶんとせっかちである。

何事かと聞いてみると、驚愕の事実だった。

 

税務署は、高齢の義父の運転を心配して運転手として私を呼んだらしい。

 

なんと失礼な。

余計なお世話である。

勝手に高齢ドライバーの運転技術をある意味侮辱し、とりたてて用事のない人間の予定を度外視して運転手として起用する。

こんな一方通行の善意があるだろうか。

 

私は怒っていた。

わざわざ着替えたのだ。

急いで仕事も終わらせ、昼食もかきこんだのだ。

間に合うように家を出て、緊張までしていたのに。

これがお役所の気遣いならば、反って迷惑である。

ただ、義父が最後まで署員の話を聞かずに早とちりしている可能性も大いにある。

それに、私が呼ばれた理由を確認していればそもそもこんなことにはなっていなかったのかもしれない。

 

とにかく私は怒っていた。

無駄な時間を返してくれ、と。

このまま帰っては腹の虫が治まらなさそうだ。

そこでコメダ(笑)。

シロノワールもカフェオレもビッグサイズにして機嫌を取りました。

ちゃんちゃん。

1000円エステに行ってみた

日々美の追求に邁進しておりますわたくしですが、気になっていたお手軽エステに行ってみました。

 

高知市内のドラッグストア内のコスメカウンターでエステをしてくれるらしい。

しかも1000円!!

そんなお手軽にケアしてくれるのであれば、内容が良かったら通っちゃうよ~というつもりで行ってきました。

 

クレンジング、泥パック洗顔、美容液ホットパック、そして仕上げにメイクまでしてくれる。

この値段でこんだけ時間かけていろんなことしてくれて、大丈夫なんですか!?

お店としては、取り扱いの商品を使用するので宣伝も兼ねているので大丈夫らしい。

 

クレンジングでぽろぽろと汚れ(?)が出てきて、ピーリングじゃないと聞いて驚く。

始終あー人に顔マッサージしてもらって気持ちーわー、と思っている。

そして「寝たらダメだ、寝たらダメだ」と自分に言い聞かせる。

ホットパックで目に温かいものを乗せられたところで記憶が飛ぶ(笑)。

 

起きた時にはなんとメイクまで終わっとった(笑)。

マジで記憶なし。

プロのメイクのアドバイス聞きたかったのにー。

で、別に商品買わさせることなく終了。

使用した商品の説明されただけ。

ありがたや。

 

では正直な感想を。

 

メイクが濃い。

 

こんな「がっつり塗ってますわよおほほ」みたいなメイク初めてか。

よれるし付くし。

アイラインもちょっと雑、ってかキレイじゃない。

まあ寝ている人にキレイにライン引ける人おるんかね(笑)。

でも、普段使わない色のリップ塗られてちょっと意外な感じで発見になりました。

大人ってこんなメイクするん。

それともこの人がこのメイクで時代変わってないん。

それともこの短時間安い値段でできる限界がこれってこと?

 

そして帰ってきて化粧落とした後の肌の感じ、期待しておりました。

普段よりアイメイクをしっかり落としたせいもあってか、目の周りがパンダみたいに茶色っぽくなって引いた。

お風呂の後に色が消えたのでよかったが、あれはなんだったのか。

ファンデーションが厚すぎて、素肌の色と違いすぎて目がバグったのかも(笑)。

そして肌の感触ですが、普段とあんま変わらん🤣

なにそれー。

前に温泉内のエステでやってもらったときはしばらく肌のもちもち感が続いたけれど、今回はそれはなかったね。

簡易エステですからねぇ。

 

今後また行くかどうかは検討中(笑)。

けどすごいいい経験になったよ。

世の中いろんなもんあっていろんなことが起きちゅうんやね。

経験大事。

美の追求、頑張ります。

【即完売】幻のトイレットペーパー

結婚のお祝い返しの際にお世話になった、高知県土佐市の誇る望月製紙さんには、出したら即完売してしまうトイレットペーパーがあります。

朝早く商品が並ぶと同時にお客さんが現れて、すぐに商品は消えてしまう。

しかもそのトイレットペーパーは不定期に販売される。

 

それではご覧ください。

トイレットペーパーの良心市。

 

実はマツコ・デラックスさんの番組で紹介された極上のトイレットペーパーを作っている会社さん。

そこがトイレットペーパーを無人で販売しているのだ。

 

でも並ぶ数が多くないので、狙った常連客が即さらって行ってしまうらしい。

あたくし、8:45に来ましたが、「完売しました」の旗をかける職員さんと一緒になりました。

 

「ちょっと来るのが遅いね~」

 

9時前でも遅い事実・・・!!!

仰るに、7:30頃陳列するが、同時にお客さんがいらっしゃる、と。

 

土佐市のお尻事情は早い。

 

24ロールで1500円なので、量販店で12ロールせいぜい500円弱でトイレットペーパーを買っている方からすればお高めなのかもしれないが、質が違う。

多分量も違う。

望月製紙のふあふあロールは、お尻に超絶優しいのだ。

この良心市で出されるトイレットペーパーと、県内の小売業者で売っているのをたまに見るふあふあロールは多分ちょっとだけ違う。

多分、良心市のはハネ。

だからちょっと安い。

そんな、品質が変わらないのにちょっとお得でかつトイレに行くのが楽しみになってしまう逸品が買えるのならば早朝から頑張りたい!!!

 

まあ子どもがいるのでね。

ちょいと難しいのですが。

職場の同僚のおじさんが通勤途中なので買ってきてもらおう(笑)。

少しお金を積むだけでぐんと生活のクオリティーがあがるのならば!なんて大人な考えを持つ人間に成長しています。

 

www.fuwafuwa-roll.com