雪の日記2

三十路が田舎の日々をつづります。

イタドリ食べた

あたくしは山の子なので、山菜が大好物であります!

中でもこの「イタドリ」というものは特においしい。

ただ、下準備が大変なのです。

 

皮をはいで、塩につけて水を出して、また塩を抜いたらやっと食べれる。

この皮をはぐという行動がほんっっっっっっとうにめんどくさい!!!

去年までお父さんに「イタドリ持って帰るの禁止令」を出していたほど(笑)。

 

それが今年、いつもお世話になっている中津のおかんがイタドリはぎゆうとこ見て・・・。

 

「あれ?今年はできるかも、あたし」

 

なんて単純で影響をすぐに受けるあたしは、イタドリ食べたいな~と思いよったのです。

そしたら、お父さんがイタドリ取って帰ってきたではありませんか!

なんということでしょう!

 

その夜さっそく皮をはぎました。

一晩おくとはぎやすくなるらしいけど、やる気があるときにやっつけるのが一番。

全部やっちゃいました。

 

で、こーなった。

 

f:id:YukiNOTE:20170602125601j:plain

 

 

これにたくさん塩をまぶして、上からぎゅ~っと押し付けて一晩おきます。

 

f:id:YukiNOTE:20170602125635j:plain

 

 

 

そしたらこのよーに水が出ますね。

f:id:YukiNOTE:20170602125730j:plain

 

このイタドリちゃんを一日水にさらして塩抜き。

うちの田舎はタダの山水出し放題なので(笑)、ずーっと流水の下においておきました。

 

で、お仕事から帰ってきて、できたのがこれ!

f:id:YukiNOTE:20170602130750j:plain

豚肉と炒めるのが一番おいしいと思う。

 

旬のものを旬のときに食べれる幸せ♪

田舎ってい~な~。