雪の日記2

羊水腐る直前に女の子を出産!高知の田舎で新米母業の日々を綴ります。

熱が出た

何となく体が熱い気がして朝から熱を測ってみたものの、37.3℃と心配ない範囲でした。 

朝ごはんもちゃんと食べたし。

 

ところが、蔦谷書店に買い物に行って、お昼ご飯の際にパンをあげても一口も食べない!

そして帰りの車で・・・


f:id:YukiNOTE:20190830234707j:image

ん?

疲れたかな?

うとうとするKちゃん。

 

帰り付いて抱っこした旦那っちが、

 

あれ?

熱くない?

 

と言うので測ってみると、38.6℃!

こりゃ病院に行かなければ!

すぐに予約して受診しました。

 

受付の後に測ってみると、39.4℃まで上がっていて、ぐずぐずするよりは機嫌が悪いKちゃん。

抱っこしていても座っていると怒ったり、じっとしていられない感じでした。

 

採血の結果、「細菌性の何か」が原因の発熱、とのこと。

ウイルスや感染病ではなかったみたい。

解熱剤と抗生物質が出てひと安心でした。

 

帰ってすぐに解熱剤をあげると熱が下がって少し元気になりました。

晩ご飯はちょこっと食べて、お薬をあげて休ませました。

けど、寝付きが悪い!

寝入るのが嫌なのか、寝初めてもすぐに泣きながら起きる。

そして乳を吸う。

お母ちゃん大変( ;∀;)

これまであげてきたお薬は睡眠が深くて助かっていたのに、今回のはそう甘くなかったっっっ!!

 

明日にはよくなってますように・・・。