雪の日記2

羊水腐る直前に女の子を出産!高知の田舎で新米母業の日々を綴ります。

風邪ひいた

鼻水がぐじゅぐじゅいうと思ったら、咳が出るようになりました。

鼻水が3日くらい続いて咳が出だして、おっぱいを吸うのがしんどそう・・・。
飲み終わりのころに咳が出て辛そう・・・。
熱はないけど・・・。


小児科にかかりました。
幸いすぐ近くに病院があって、旦那っちに車を出してもらいました。


「風邪薬、出しときますね~」


労う言葉とか、心配を払う言葉もなく(笑)。
医者ってなんでこー事務的な人間ばかりなのかしら。


とにかく、薬を飲んだらきっと楽になるはず!

薬、嫌がらず飲みます。
お、なんやこのうまい液体は!?みたいな顔してピチャピチャと(笑)。

そのあとすぐ症状がよくなって、ぐっすり眠ってくれました。
薬が切れるとまた辛そうにおっぱいを吸うんやけど、あんまりにもしんどくて量がいつもよりも少なく感じて・・・。
ミルクをあげよってよかった、と思えました。
哺乳瓶なら頑張らんでも飲めるから。
体力が少しでもついてくれて、風邪をやっつけてくれたらお母ちゃんはこの際なんでもえーのよ!

出生後まだ20日くらいしか経ってないのにもうこの壁ですか(笑)。

f:id:YukiNOTE:20181012172224j:plain


ごんべぇさんの赤ちゃんが風邪ひいた、って歌があるやんか?
ごんべぇさんは慌てて湿布するんやけど。
前はなんやそれ、と思いよったけど。

多分ごんべぇさんはシングルファーザーなんよね(笑)。
そりゃ焦って湿布するぜ、と同感できるようになりました(笑)。