雪の日記2

羊水腐る直前に女の子を出産!高知の田舎で新米母業の日々を綴ります。

出産入院9日目

さあ、退院を明日に控えた今日、退院前診察がありました。

エコーで子宮をチェック。

問題なし!

Kちゃんも聴力検査。

問題なし!

体重の増加も順調で、産まれてきたときと同じ2800g台になりました。

 

実は昨日、担当してくれた助産師さんがめっちゃ上手な人で、あたくしの右おっぱいに残乳が溜まっているしこりがあるのを丁寧にほぐしてくれて、授乳前にこれをやると赤ちゃんが飲みやすくなるよ、と教えてくれていて、それを実施してみたら・・・

今までにない量を飲んでくれたのー!

それにね、この方の対応がとってもよくて、お母さん(あたしね)の気分がよかったのが伝わったのか、Kちゃんもご機嫌に飲んでくれたのかも。

そーゆーのって、伝わるらしいやん。

 

晴れて明日、退院できそうです。

 

 

そして・・・。

すごいことが起きました。

予想外の出来事・・・。

 

なんと・・・。

 

先日書いた怨念の手紙(笑)、本人の手に渡りました(笑)。

 

この紙は本来、Kちゃんを取り上げてくれた助産師さんが取りに来る予定で、そう紙にも書いてあったので安心して怨念を込めたのですが、待てど暮らせど助産師さんが来ない!

なので、退院の際に「誰か」に渡すんだろう、と思ってました。

 

そしたら、授乳中に例の女がやってきて・・・

 

「シートのご記入、終わってますか?いただきたいのですが」

 

なんですと・・・。

 

恨みの矛先本人が受け取りに来るなんて、予想外すぎた(笑)。

 

しかし、ここで「いや~間違えちゃって~もう一枚もらえますぅ?」なんて言い訳をしていたら、あたしの主張が無駄になる!と思い、思い切って渡しました。

 

すると・・・。

 

その場で座って読み始めたではないか・・・!!?

 

こんな気まずいことってある(笑)?

いや、本人の名前とか、特定されるような情報は書いてないけど、さすがにピンと来るでしょう、と思いながら何て言うか待ってみました。

 

そっかぁお母さんこんな風に思ってたんですねぇしんどい思いをしてたんですねぇ

 

と、まぁ他人事でしたね。

 

 

てめぇだよ、てめぇ

 

 

と心の中でぶん殴っときました。

 

これでこの件は終わったと思いきや・・・。

 

「覚えてますか?◯◯(術中の助産師さん!)です」

 

と、彼女が退院前のあたしに会いに来てくれたの!

それこそ出産続き、夜勤明けのお疲れのところ、手術の日以来会いに来れなかったから、と顔を見に来てくれました。

 

しかも、さっきの怨念の手紙を手にしているではないか・・・!!

 

かえって不安にさせてごめんなさい、プレッシャーやったね、体重も増えゆうしそんなに気にすることなかったのにね、と言ってくれました。

それに、彼女も出産経験の中で、辛い思いをしたことがあって、気持ちがわかります、って。

しかも面白いことに、

 

「もしかして、これをもらいに行った人のこと?」

 

知ってた(笑)。

 

いやもうほんとに助産師さんだけでえーよ!

 

優しいし指導は上手やし感情を逆撫でるどころか同調してくれるし。

 

また泣かされて(笑)、励まされる中で笑わせてもくれて、すごーく心が軽くなって、いい気持ちで退院が向かえられそうです。

それに、術中のお礼も言えたし。

本人は必死やったみたい。

逆子は足から出てくるから、肩まではすんなり出るけど、そのあとの頭を出すのが大変で、Kちゃんはなかなかの体勢でお腹にいたので頭がつっかえて、その間に羊水をたくさん飲んで、取り出したときに泣き声が小さくて心配したんやって。

なんとかするのに必死で、肺に刺激を与えるためにポンプマスクをしたり背中をなでたりして、万が一のために小児科の先生を呼んだけれど、先生が来たときは元気に泣いていて・・・

 

Kちゃん、この方はあなたの命の恩人ですよ。

 

この方のお陰であたしはちっとも心配することなく出産を終えました。

だって、そんな必死なことを悟られないようにしてくれていたから(本人は焦っていたかもしれんけど)。

命の現場に携わる人は、本当にすごい。

チープな言い方しかできんけど、すごい。

 

もう思い残すことはありません。

あっという間みたいな長い10日間が終わろうとしています。

 

さあ、家に帰ろう。

 


f:id:YukiNOTE:20180927193639j:image