雪の日記2

三十路が田舎の日々をつづります。

戌の日、安産祈願。

みなさま、暦、大切にしていますか?

気にしていますか?

カレンダーの、数字の横にちょこっと、けどいろいろと小さい文字で書いてあります、あれです。

 

 

あたしは気にしてません(笑)。

 

 

でもね、妊婦にとって、大切にされている日があります。

 

それは・・・・・・

 

 

5ヶ月目に入ってからの戌の日。

 

この日に着帯といって、かつておなかにさらしをまいたそうな。

今ではマジックテープ式の簡易なものや、腹巻タイプののびのびタイプが主流なようですね。

 

あたくしにとって、4月26日の火曜日が最初の戌の日だったのですが、あえて本日、5月6日の日曜日に着帯を執り行いました。

 

 

いつもの地元の神社で、

いつもの神主のばーちゃんに、

安産祈願をお願いしたのです!

 

 

夫婦揃って神社でご祈祷していただきました。

腹帯もお祓いしてもらって、お守りとお札をいただいて、いい気分で帰って来ました。

 

な、な、なんと!!

帰りに中津のおかんが赤飯を炊いてくれているではないかっっっ!!

いやーありがたいねー。

赤飯なんて食べるの何年振りやろう。

お土産もたっくさんいただきました。

いつもありがとうm(_ _)m

 

 

赤ちゃんもあたしみたいに図々しく成長しますように(笑)!!

 

f:id:YukiNOTE:20180507144536j:image