雪の日記2

三十路が田舎の日々をつづります。

水、比べてみました!

都会の水は嫌いです。

お茶を沸かしたり、料理したり。

そーゆー細かいことはわかりませんが、当然そのまま飲んだらなんとなく気づきます。

 

でもあたしの水レーダーはそこじゃない。

 

お風呂ですよ、お風呂。

仕上がりが違うんです。

次の日の髪の毛の状態も違うんです。

 

これまで、塩素の入っていない「山水」で生活していたあたくしですが、嫁に来た先の「水道水」で生活しております。

 

たまに、「水が飲みたいときー」ってありますやん?

お茶じゃない!ってとき。

 

そんなとき、どーする?

水道水、飲めますか?

 

否ぁぁぁ!!!

 

田舎に帰る時、水ボトルを持って行くのです。

そして山の水を持って帰るのです。

 

旦那っち、味に違いなんてあるのか、と。

ここの水道水は塩素のほとんど入っていない「えー」水や、と。

 

では、比べてみるがいい!!!

f:id:YukiNOTE:20170928100413j:plain

それぞれのダンディーグラスに、「山の水」と「水道の水」が入っています。

どちらがおいしいか、直感でお答えください。

 

f:id:YukiNOTE:20170928100521j:plain

ダンディー

 

f:id:YukiNOTE:20170928100550j:plain

ダンディー

 

 

旦那っち「あ、全然違うwww」

 

そーだよ(゚∀゚)

だからそー言ってるじゃない(゚∀゚)

 

ダンディー、ありがとう!