雪の日記2

三十路が田舎の日々をつづります。

タオル

お風呂上がりに使うタオルですが、あたくしはフェイスタオルを使います。バスタオルは使いません。

 

タカオはバスタオルです。

 

我々は使うタオルが違うのです。

 

ここ何日か、あたしが使っていないあたしのタオルが、脱衣所で、湿った状態で干されているのに気付きました。

 

タカオの仕業しかありません。

 

 

話変わって、皆様はどのようなボディータオルをお使いですか?お風呂のときに体を洗うタオルです。

 

あたくしは身体にも気を使うので、柔らかい泡立ちやすい素材のものを使います。

 

殿方は、硬くて長いタオルがお好みでしょうか。洗った気がするのでしょうか。ゴシゴシ、というよりは、ガシガシと。

 

あるとき、これをタカオにプレゼントしました。

御身あらい ピンク

漁師網でてきたもので、泡立ちはいいし痒いところにもビシッと届く、男のタオル(笑)。

 

 

戻ります。

干されていたタオルに。

 

痛かったのです、漁師網が。

 

でも、何も言わない。

新しいものも買わない。

 

そしてあたくしが気付きました。

 

 

あぁ、タカオも年がいって、肌が弱り、昔のようにガシガシと洗えなくなったのだな、と。

 

 

そして、この日本一優しい娘は、今日これを買ってきました。

オーエ あわゆき ナイロンタオル 超やわらか ホワイト

やわらか~いやーつ。

全ての「やわらかい」タオルを触って確かめました。そして、これに決めました。

 

 

これをタカオは

 

 

「お、こりゃーえーかもしれんにゃあ」

 

 

使うまでは確定ではありませんが、気に入ったも同然です。

 

だって、あたしが探してきてやったんだもの!!

 

 

母が亡くなってから、彼女の代わりのように世話を焼いてきた娘。

その娘が巣立っていくのを止めることのできない父親の心境。

 

 

あたしは決して謝らない。

幸せになることに対して申し訳ない気持ちは1ミリもないから。

けれど、切なくて、一緒に泣きたい気持ちはある。

 

 

瀬戸の花嫁ならぬ、仁淀の花嫁。

にこやかに送られるのは、遠い日のことになりそうです。