雪の日記2

三十路が田舎の日々をつづります。

新茶の国へ

f:id:YukiNOTE:20170601125726j:plain

あるお祝い事に呼ばれ、手土産を持っていくことにしました。

仁淀には広めたい物たくさんあるけれど、賞味期限や保存のことを考えると、やっぱりお茶が一番!

軽いし、絶対飲むし。

それに5月は新茶の季節♪

うちから車で20分ほどの山奥(笑)にあります「ビバ沢渡」さんへ。

 

電話で注文して、梱包もお願いして、取りに行ける。

地元の強みやね。

 

ここ沢渡地区のお茶畑が広がる景色、ホントに素敵!

この日はなんとドローン撮影するおじさまがたもいらっしゃいました。

 

お茶大福に茶氷(!!)に、商品開発も伝統の味も熱心にされている「ビバ沢渡」さん。

素晴らしい計画も聞かせていただいて、本当にありがとうございました!

また行きます(*^^*)